FC2ブログ
大航海時代Onlineを能登鯖で適当に遊んでいる、とある鋳造屋さんの日記です。鋳造したりしてなかったりしますが鋳造しててもあまり役に立ちません…。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
館内での撮影は御遠慮ください
2009-11-28 Sat 21:53
用事で金沢に行ったので、ついでに金沢21世紀美術館に行ってきました。
オラファー・エリアソン展があったのでそれ目当てでした。
このチケットでコレクション展も見られるのでお得なのですよ。

パンフレットの内側の日本語部分が白地に青みがかかった銀のような淡いけど薄くない灰色で、黒字ほど押し付けがましくなくてついでに可視性が高くいい色でした。逆に外側の日本語部分の銀色はちょいと読みにくいなぁー(笑)。
でもそんな銀色も少し暗いと非常に読み易く、蛍光灯をはじめとした明るい照明に対するアンチテーゼなのではないだろうかと多分絶対確実にそうじゃないことを考えてしまったり。照明器具による現代芸術の展覧会なのにね!

部屋中にスモーク(?)がかかってていろんな色の照明がそれに彩りを与えている夢の中のような部屋とか、広い部屋の中、四角形のアクリル箱の部分だけ途切れてる不思議な光の帯とかが特に面白かったです。わかりにくいと思ったので下に並べて書いてみました。

光源→→→光がレーザーみたく見える→→→アクリル箱(ここだけ光の帯が途切れて透明な空間ができあがっている)→→→光がレーザーみたく見える→→→壁

やっぱりわかりにくいですね(笑)。
百聞は一見に如かずというやつの分かり易い事例でした。

んで、エリアソン展を楽しんだ後にコレクション展も見たのですが、白眉はアン・ウィルソンでした。彼女の作品だけで入場料の元を取ったなーと思ったくらい自分的には気に入りました。作品「逸脱の行動」は2枚のDVD(収蔵作品リストによるとね)に納められた、大体白黒で二値化されてる糸や針やレースなどの怪しい動きの短い映像がランダムに2つのスクリーンに投げ出されるもので、映像も良ければBGMもまたすごい良かったんですよ。昔のジャーマン・ロック(クラウト・ロック)的な音と映像のシンクロ(たまに意図的にズレてる)を聴きながらの変な映像鑑賞にハマってしまって30分以上そこに居たんじゃないかなーと思います。

DVD売ってないかなーと美術館のショップに行ってみても、あるのはエリアソン関係ばかりでした(笑)。残念!

Anne Wilson, artist
ここのerrant behaviorsで見られますね安心!
動画はどうやら23パターンあるみたいですね。
別窓 | よしなしごと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<少し頭の弱い人々 | 特大ラム製造失敗屋にっき | イベント延期だったので>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 特大ラム製造失敗屋にっき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。