大航海時代Onlineを能登鯖で適当に遊んでいる、とある鋳造屋さんの日記です。鋳造したりしてなかったりしますが鋳造しててもあまり役に立ちません…。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
多分人生で最初で最後のウェンディーズ
2009-12-26 Sat 21:23
今月いっぱいで日本からウェンディーズが撤退するとのことで、一応食べてくるかーとかなり遠い場所にあったウェンディーズに行ってみました。平素からこうやってみんな来てれば多分撤退なんてしなくてよかったんでしょうけど、たいがい食べたくなる時って「無くなるんだなぁー」って時くらいですよね仕方ない。

あと数日だというのにカウンターに居たアルバイトの子は明るく元気に丁寧に接客してました。プロ意識なのかせいせいした気分から出てくる一種のハイテンションなのかそれは私にはわかりませんでした(笑)。


ダブルウェンデーズバーガーとチリ(S)とポテト(S)とストレートのアイスティー(S)です。

商会でこの話したら、ウェンディーズ不味いって言ってた人が居ましたが、私の感想ではピクルスはマクドナルドよりずっと美味しかったですよ。でも肉が大きすぎてヘヴィすぎです(笑)。お腹すいてたんですけどダブルでなくて良かったなぁと食べた後に思いました。あんましハンバーガーって食べない(年に5回も無いと思います)んですけど、ボリューム感は凄かったです。ポテトはふつーのポテトでした(笑)。

あとチリコンカンがおいしかった!(笑)
初めてチリというものを食べたんですけど、予想以上の美味しさだったので、豆料理のレシピを買ってきました。
あと金時豆とチリパウダーと肉屋さんで作ってもらった粗めの合い挽き肉(スーパーのより美味しい気がします)とローリエとナツメグとホールトマトとニンニク(青森産は匂いが強めでニンニクらしいですよね)を買ってきました。玉葱は家のファームで生産されたやつを使いますよー。

さっそく明日自作してみます! 自分の料理スキルを信じて!(笑)
もう豆は水の中に沈んでいます! 食べる前に一晩水に沈めておくそうです。

あ、そうそう、アイスティーは普通にアイスティーの味でしたよ。
スポンサーサイト
別窓 | よしなしごと | コメント:0 | トラックバック:0 |
今は鍛冶師でなく操船士(なぜかフレの人にバカにされてます)なのでリアル鋳造(?)の話を
2009-12-06 Sun 22:33
雑貨屋とか割と好きなんですけど、特大ラムっぽいようなそうでないようなまあなんつうか鋳造されたモノを買ってみました。もちろん衝動買いです。欲しいと思ったら買う、後先は考えない、大航海時代オンラインの中での買い物と基本同じです(笑)。

で、何を買ったかと言いますと……。


箱にひっついてる説明に書いてあるとおり、1940年代のスイスの釘です。
なんでこんなもの買ったんだろう!?(笑)

でもこの釘、なかなか形が格好いいんですよ。


私が今まで見てきた(といっても釘を積極的に見てきた事はないのですが(笑))釘の中でも、一番美人さんの釘だと思いますよ。


ヘッドに1つ1つ細工がしてあるのがいいですよね!
スイスの十字マークが彫られてて、ヘッドも特徴的な形です。

問題はこれを使うことがあるかどうかです。
箱であるだけ買ってきたので60本以上手元にこの釘があります。
なんか作れそうだけどこの太い釘だと小さい棚くらいなら木の板をぶっ壊しそうですよね!(笑)
別窓 | よしなしごと | コメント:0 | トラックバック:0 |
館内での撮影は御遠慮ください
2009-11-28 Sat 21:53
用事で金沢に行ったので、ついでに金沢21世紀美術館に行ってきました。
オラファー・エリアソン展があったのでそれ目当てでした。
このチケットでコレクション展も見られるのでお得なのですよ。

パンフレットの内側の日本語部分が白地に青みがかかった銀のような淡いけど薄くない灰色で、黒字ほど押し付けがましくなくてついでに可視性が高くいい色でした。逆に外側の日本語部分の銀色はちょいと読みにくいなぁー(笑)。
でもそんな銀色も少し暗いと非常に読み易く、蛍光灯をはじめとした明るい照明に対するアンチテーゼなのではないだろうかと多分絶対確実にそうじゃないことを考えてしまったり。照明器具による現代芸術の展覧会なのにね!

部屋中にスモーク(?)がかかってていろんな色の照明がそれに彩りを与えている夢の中のような部屋とか、広い部屋の中、四角形のアクリル箱の部分だけ途切れてる不思議な光の帯とかが特に面白かったです。わかりにくいと思ったので下に並べて書いてみました。

光源→→→光がレーザーみたく見える→→→アクリル箱(ここだけ光の帯が途切れて透明な空間ができあがっている)→→→光がレーザーみたく見える→→→壁

やっぱりわかりにくいですね(笑)。
百聞は一見に如かずというやつの分かり易い事例でした。

んで、エリアソン展を楽しんだ後にコレクション展も見たのですが、白眉はアン・ウィルソンでした。彼女の作品だけで入場料の元を取ったなーと思ったくらい自分的には気に入りました。作品「逸脱の行動」は2枚のDVD(収蔵作品リストによるとね)に納められた、大体白黒で二値化されてる糸や針やレースなどの怪しい動きの短い映像がランダムに2つのスクリーンに投げ出されるもので、映像も良ければBGMもまたすごい良かったんですよ。昔のジャーマン・ロック(クラウト・ロック)的な音と映像のシンクロ(たまに意図的にズレてる)を聴きながらの変な映像鑑賞にハマってしまって30分以上そこに居たんじゃないかなーと思います。

DVD売ってないかなーと美術館のショップに行ってみても、あるのはエリアソン関係ばかりでした(笑)。残念!

Anne Wilson, artist
ここのerrant behaviorsで見られますね安心!
動画はどうやら23パターンあるみたいですね。
別窓 | よしなしごと | コメント:0 | トラックバック:0 |
甘すぎました
2009-10-20 Tue 00:31
お菓子界のピカソとか言われてるのっぺりつるりとした状態によくなにかが刺さっているこれで完成してるのか作りかけて失敗してるのかなんか不安にさせるお菓子ブランドのピエール・エルメ・パリからマカロン16個入りの箱を取り寄せて職場でみんなで食べてみました。

ひとつひとつの甘ったるいフレーバーが甘ったるく主張し合う甘ったるい複雑な甘ったるい味わいの中にも……甘いねコレ!(笑) 味は本当に複雑で美味しいしいい材料使ってるだろうし見栄えもいいんだけど私には甘すぎたみたいです。

ヨーロッパの大昔のお菓子のレシピを忠実に再現したお菓子も大概すっげえ甘いですよね!
別窓 | よしなしごと | コメント:0 | トラックバック:0 |
このBlog左横に変なアイコンが出来てますが
2009-10-14 Wed 01:01
それはこのHPのノートブックのブログパーツというやつでして。
ノートブックなんて欲しくもなんともない私が欲しがってしまって困ってます(笑)。

このランプシェィドは元々買うつもりで電球部分(スイッチのヒモが要るのです)を吟味中なのですが、まさかネットブックでも出てくるとは!

飽き性なのですぐに飽きちゃうかもしれないのでその恐怖と戦いながら買うか買うまいか迷っています(笑)。
別窓 | よしなしごと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 特大ラム製造失敗屋にっき | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。